BtoBプラットフォーム 契約書契約書の締結・保管を
クラウド化

契約業務を楽々スピーディーにする、電子契約書システム

資料請求する

電子契約システムを導入するメリット

印紙税や郵送費などのコスト削減印紙税や郵送費などの
コスト削減

電子契約なので、紙の契約書の郵送が不要。印紙税もかからないのでコスト削減ができます。

契約締結にかかるリードタイムの削減(スピード締結)契約締結にかかるリードタイム
の削減(スピード締結)

取引先とクラウド上で電子締結するため、契約書の進行状況もすぐ把握できます。

書類管理の省スペース化書類管理の省スペース化

電子保管のため、保管スペースは不要。契約書の一元管理や検索性アップが実現します。

契約書紛失や改ざん、情報漏えいなどのリスク管理契約書紛失や改ざん、
情報漏えいなどのリスク管理

紙に比べて紛失・劣化・棄損、データ改ざんのリスクが軽減します。

こんな契約にもご利用いただけます

  • 秘密保持契約書
  • 賃貸借契約書
  • 工事請負契約書
  • 注文書(注文請書)
その他、対応している契約書類はこちら

簡単3ステップで
契約業務が完了

  • STEP01アップロード

    契約書ファイルをアップロードする

    電子契約Step01アップロード
  • STEP02締結依頼

    取引先に締結を依頼する

    電子契約Step02締結依頼
  • STEP03締結

    取引先の締結で完了!

    電子契約Step03電子締結

BtoBプラットフォーム 契約書 
導入事例

電子契約システム『BtoBプラットフォーム 契約書』の導入による、
紙の契約書から電子契約書化した効果や活用方法を伺いました。

FAQ
よくあるご質問

電子契約とはどんなものですか?
電子契約とは、企業間の契約行為をインターネットを通じて合意成立する契約の方法です。
電子文書を原本として保管することで、業務効率化・コンプライアンス強化などのメリットがあります。
なぜ印紙がいらないのですか?
印紙税法第二条により、課税対象は「課税物件に掲げる文書」として書面の文書だけを指しているので、電子文書は含まれないとするのが一般的な解釈となっています。
電子契約でも法的な証明になりますか?
一般的な契約で、「本契約の成立を称するため、本書2通を作成し、甲乙双方が記名押印の上、各一通を保存する」とあるように、契約書の証拠として作成するものなので、証拠にさえなれば電子でも問題はありません。詳しくはこちら
どんな契約で利用できますか?
「書面」に関する法令が全く存在しない、e文書法等で電子化可能な文書であれば電子契約で締結可能です。「書面」という文言を含む法令がある場合は、電子契約できませんのでご注意ください。詳しくはこちら

BtoBシステム専門で
20年以上の実績

当社では、お客様の大切な契約データを保護し、安心してご利用いただくために、
常に高レベルのセキュリティを確保できる体制を構築し、24時間365日の管理を実施しています。

国内最高レベルのデータセンターで、24時間365日体制のサーバ保安監視システム

不正なアクセスからデータを保護するファイアウォールの利用

全サーバー二重化。万一の障害時に備えた設備体制

データバックアップは毎日、実施して保管

世界標準セキュリティ機 能のEV SSL証明書を利用

ID/パスワードによる認証、第3者なりすまし防止の為のCookie使用

主な機能

  • 契約書発行

  • 契約締結

  • 自社保管

  • 契約書管理

  • 参照者設定

  • 契約期限切れ
    アラート機能

  • 押印機能

  • ワークフロー

ワークフローシステムで社内稟議も電子化できます。

『BtoBプラットフォーム 契約書』のワークフローシステムは、社内稟議の起案~承認までクラウド上で簡単に行える機能です。

事前に設定した承認ルートに基づき、申請・承認ができるので、紙の承認フローを変えずに導入できます。

社内稟議~企業間の契約書締結・管理にかかる時間・手間を大幅に削減します。

詳しくみる