BtoBプラットフォーム利用企業数<10分更新> 375,075社・804,103事業所・1,160,972

2018年度流通金額:8兆497億

Info Mart Corporation 株式会社インフォマート

ニュースリリース

全国の“地域産品”、新しくなったFOODS Info Martシステムをご紹介 ファベックス2008 出展のお知らせ

 株式会社インフォマート(東京都港区 代表取締役社長:村上勝照)は、来る2008年4月9日(水)から4月11日(金)まで、東京ビックサイト(東京国際展示場)で開催される、惣菜デリカ・弁当・外食・給食専門展『第11回 ファベックス2008』(主催:日本食糧新聞社)に出展いたします。

 会期中は、FOODS Info Martを利用する売り手企業様の地域産品展示、試食実演を行う他、先日発表させていただきましたEMP事業のサービス統合により、新たにサービスを開始した「ASP商談システム」、相次ぐ食品関連の事件により需要が高まっている、食の安心・安全対策に取り組む「ASP規格書システム」など、FOODS Info Martのサービス紹介、当社スタッフによるデモンストレーションを予定しております。

【ファベックス2008概要 】
■名称
 第11回 ファベックス2008 (主催:日本食糧新聞社)
■開催テーマ
 「食ニッポン、新味来! 〜楽しい食卓・おいしい食生活を支え、育む〜」
■会期
 2008年4月9日(水)〜11日(金) 10:00〜17:00
■会場
 東京ビッグサイト(東京国際展示場) 東1・2・3ホール <地図はこちら>
■FOODS Info Martブース
 東1ホール・ブースNo:101

【FOODS Info Martブース概要 】
■出展テーマ
 『日本全国のおいしいものご紹介 〜インターネットでスピード商談〜』

1)展示・試食実演コーナー
 展示コーナーでは、今回も全国各地から集めた地域産品を約80社80商品ご紹介いたします。まだ全国的に流通されていない地方の食材・商品を紹介することで、企業間取引の拡大、地域の活性化をはかってまいります。
 また、試食実演コーナーでは、売り手企業様6社による試食実演を行います。特設ブースで各地域の鮮魚や水産珍味、お野菜や漬物を試食実演し、その場ですぐに商談ができるようになっています。

<< 試食実演企業6社 >>

No 出展企業名 代表出展商品 地域
1 有限会社和ミート 琉球在来黒豚アグーの切り落とし 沖縄県
2 有限会社グランドマザーファーム にんじん
【特別栽培(無農薬・無化学肥料
栽培)】
千葉県
3 株式会社ダイイチフーズ せとうち鯛めしの素 愛媛県
4 有限会社平井活魚設備 天然グジ(甘鯛) 京都府
5 森松水産冷凍株式会社 養殖ブリフィーレ(EUHACCP対応) 愛媛県
6 有限会社ヤマキ漬物 大根漬 石川県

2)FOODS Info Martシステム紹介
 当日は、4月3日(木)に新たにサービスを開始した「ASP商談システム」、先月3月17日(月)に名称およびサービス内容を変更した「ASP規格書システム」など、FOODS Info Martのシステムのご紹介、デモンストレーションを予定しております。利用企業様はもちろん、まだシステムをご利用いただいていない来場者様向けに、弊社スタッフが実際のパソコン画面を用いて、サービスの説明、使い方、活用方法についてのレクチャーを行います。

NEW!!
<< ASP商談システム >>・・・フード業界の営業部/購買部の新スタンダード 従来の電話、FAX、面談等で行われている、新規取引先の発掘及び、一連の商談業務における情報関連フォーマットや手順を確立するシステムをWeb上で提供する仕組み。新規取引先の発掘や、既存取引先をグルーピング(システム上でのグループ設定)することにより、商談業務の強化・効率化、情報伝達や項目等の標準化を促進することができます。

NEW!!
<< ASP規格書システム >>・・・食の安心・安全に対応する商品規格書のデータ化を実現 商品規格書情報をデータベース化し、取引先とデータ交換できるシステム(トレーサビリティ)。商品規格書標準フォーマットを使って、売り手企業より、商品規格書のデータ提出を実現し、買い手企業も提出チェック機能などにより、提出管理をすることで、商品規格書データベース化をサポートします。

<< ASP受発注システム >>・・・既存取引先との日々の受発注業務の効率化を実現

当日は、ブースにて取材等もお受けさせていただきます。
ご多忙のこととは存じますが、ぜひお立ち寄り下さいますようお願い申し上げます。
【東1ホール・ブースNo:101】

【 こちらもご参照ください 】

ページトップへ