税務調査で調査官に指摘されやすいポイント@
―売上・売上原価―

2017年5月31日 渡邉 朝生

mainimage

税務調査は、いつ来るかわかりませんし、必ず来るとも限りません。「何でこの会社に来ないんだろう?」とか、「何でこの会社に来るの!?」ということもよくあります。普段からしっかりと処理ができていれば、それほど恐れる必要はありませんので、いつ来ても大丈夫なように適切な準備をしておきましょう。

そこで、本コラムでは、税務調査の際に調査官から指摘されやすい代表的な項目について、2回にわたって解説します。今回は、「売上」「売上原価」についてです。

調査官が最初に調べるのは「売上」

売上は金額が大きい上に、計上がもれていればほとんどの場合はその時点で追徴が発生しますので、調査官は真っ先に売上を調べます。

・請求書だけではなく、見積書や注文書も調べる調査官が調べる資料は、総勘定元帳、請求書、領収書(こちらが発行したもの)、注文書、見積書、売上が入金される通帳などです。税理士と契約している場合、請求書と総勘定元帳は税理士がチェックをしていることが多いと思います。調査官もそこはわかっていて、ある程度合っているという前提で見ています。

しかし、より取引の元となる資料を調べるために、調査官は請求書だけでなく注文書や見積書も調べます。税理士も、請求書はチェックしていても、注文書や見積書まではチェックしていない場合がありますので注意が必要です。

注文書や見積書があるのに、請求書がないものがあれば、さらにくわしく調べます。もちろん、見積書を作成したものの受注につながらないこともあるでしょう。事実がそうであれば問題ありませんので、受注につながらなかった場合は、面倒でもその旨をわかるようにしておくといいでしょう。

見積書と請求書の金額が違う場合もきちんと説明しましょう。請求書を抜いて、現金でもらうか、別の通帳に入金してもらえばわからないだろう、などと考えるのは絶対にやめましょう。

・決算月と翌期の最初の月の売上は特に注意調査官は、決算月と翌期の最初の月の売上を重点的に調べます。これは、当期の売上が翌期に計上されていないかを見るためです。

例えば、3月決算の会社で、3月に商品を引き渡した売上があるにもかかわらず、翌期の4月に売上が計上されていたとします。この場合は、3月の売上として修正が必要になります。これを、「期ずれ」と言って、特に注意が必要です。「当期の売上でも、翌期の売上でも、売上に計上されていれば問題ない」と思うかもしれませんが、そうはいきません。

税務調査では、3期分が調査対象となることが多いです。ここで、2期前の3月の売上が前期に計上されていた場合は、大きな問題にならないこともあります。2期前の利益が増えて、その分、前期の利益が減るので実際は相殺されているからです。

しかし、前期の3月の売上が計上されていなかった場合は、ほぼ修正が発生してしまいます。「今期に計上するからいいでしょう」とはならないのです。

売上をすべて計上するのはもちろん、計上する時期も大事だということを覚えておきましょう。特に、決算月の売上の計上もれには注意が必要です。

「仕入」も売上と同じように注意が必要

仕入も売上と同じく金額が大きいので、調査官は重点的に調べます。仕入についてのポイントは、売上についてのポイントとほとんど変わりません。例えば、3月決算の会社で翌期の4月に納品された商品の仕入を、当期の3月に計上していれば修正が発生します。売上と同じく、「期ずれ」に注意です。

・売上と仕入の対応に注意当期に仕入れた商品がすべて当期の経費になるわけではありません。3月決算の会社で、3月に大量に仕入れをして「経費がいっぱい増えて良かった」とはならないのです。その商品を4月以降に販売するのであれば、棚卸資産として計上しなければなりませんので、当期の経費からは外れてしまうのです。

したがって、調査官は、3月、4月の請求書の明細まで確認します。3月の仕入の請求書の明細を見て、この商品に対応する売上の請求書を確認するのです。

3月に売上が計上されていれば問題ありませんが、4月の売上に計上されていれば修正が発生します。3月中に仕入れたもので、3月中に売り上げていれば当期の経費、4月に売り上げたのなら棚卸資産として計上して翌期以降の経費になります。

・棚卸資産も重要仕入と関係がありますが、棚卸資産も重要です。棚卸資産に計上された金額は、当期の経費からは除外されます。ということは、棚卸資産が過少になっていると、経費の過大計上になってしまいます。だから、調査官は棚卸資産の計上もれがないかを調べるのです。

注意点としては、3月に仕入れが計上されているものの商品がまだ自社に届いていない、あるいは取引先の倉庫に保管している場合などです。自社に商品がないと、棚卸資産の計上もれが起こりやすくなりますので注意しましょう。

まとめ

今回のコラムでは、税務調査で指摘されやすいポイントとして、売上と売上原価について見てきました。

売上の計上もれは、税務調査の一番基本的な部分になります。当たり前のことですが、売上がすべて計上されていることが大事です。翌期に計上されているというのは言い訳になりません。次は、売上と仕入の対応です。特に決算月の売上と仕入の対応はよく確認しましょう。そして、在庫の計上もれにも注意しましょう。

税務調査によっては、ほとんど売上と売上原価しか調べないというようなときもあります。そのくらい、売上と売上原価には注意が必要なのです。次回のコラムでは、「人件費」と「外注費」について解説します。

著者プロフィール

渡邉 朝生

1972年生まれ。明治大学経営学部経営学科卒業。
税理士、渡邉ともお税理士事務所 所長。

渡邉ともお税理士事務所ホームページ
http://watanabe-zeimu.com/hp/

請求書の受取・発行を完全電子化する
Web請求システムなら

BtoBプラットフォーム 請求書の詳細はこちら

資料ダウンロード&無料IDの取得はこちら!