BtoBプラットフォーム利用企業数<10分更新> 343,806社・753,061事業所・1,097,360

2018年度流通金額:8兆497億

Info Mart Corporation 株式会社インフォマート

ニュースリリース

〔水産タイムス〕2015年2月23日(月)発行 4ページ
インフォマート、CO2削減効果PR 電子商取引のペーパーレス化で

 インフォマート(東京・港区、村上勝照社長)は20日、同社が提供するBtoB(企業間電子商取引)プラットフォームの利用増加による2014年1〜12月の「ECO実績」を発表した。A4紙伝票枚数約1億6492万枚で杉の木84万1711本のCO2削減効果があったとしている。

 同社のBtoBプラットフォームは企業間取引を電子データで行う利便性から利用企業が増加。年間システム取引高が9879億円(2014年)、利用企業数が3万7160社、22万1577事業所(2014年12月末現在)に拡大した。

 特に日々の食品食材、備品等の受発注から支払い管理までをWeb上で行う「ASP受発注システム」は、企業間でやり取りされている受注・発注伝票、納品・受領伝票を紙から電子化することで、企業の業務効率化、コスト削減が実現し、ペーパーレス化につながっている。

 同社では、電子商取引がECOにつながることが広くPRするため、システムの利用を通じて削減された伝票枚数と、杉の木のCO2吸収量に換算したCO2削減効果を「ECO実績」として発表している。

【 こちらもご参照ください 】

ページトップへ