BtoBプラットフォーム利用企業数<10分更新> 210,766社・549,687事業所・829,299

2017年度流通金額:4兆7,203億

Info Mart Corporation 株式会社インフォマート

ニュースリリース

「BtoBプラットフォーム 商談」で食の流通を通じて日本を元気に!
〜食品関連における中小企業の発展を支援、地域活性化から地方創生に貢献〜

 株式会社インフォマート(東京都港区 代表取締役社長:米多比 昌治、以下「当社」)が提供する「BtoBプラットフォーム 商談」は、当社が創業した1998年にサービス提供を開始し、今年で20年を迎えました。この20年の実績とノウハウを活かし、食品関連における中小企業の発展と食材流通による地域活性化に貢献するため、ザ・ビジネスモールと協力して支援活動を行います。

 当社の「BtoBプラットフォーム 商談」は、食品業界の「売り手」(生産者、食品メーカー、卸)と「買い手」(飲食店、ホテル、卸、食品スーパー)の間で、食品、食材の売買をマッチングする企業間ネット市場です。1998年のサービス提供開始から20年、企業間eマーケットプレイスの草分け的な存在として、現在8,496社(2018年1月末)が利用するプラットフォームに成長しました。

 本プラットフォームには、全国各地の「売り手」と「買い手」が参加しています。本サービスをご利用いただくことで情報発信力が高まり、取引先が全国に拡大することで地方の食材が流通します。
 当社は今年、地方創生をテーマに掲げ、今までの実績とノウハウを活かし、全国の食品関連の中小企業の発展を支援するためのセミナーを開催することを決定しました。

【 ザ・ビジネスモールと協力し、販路拡大による地域活性化を支援 

ザ・ビジネスモール ロゴ画像
  • (※)ザ・ビジネスモール:日本全国の企業を応援する商取引支援サイト。全国の商工会議所・商工会(408団体)が共同運営しており、大阪商工会議所は事務局を務める) ザ・ビジネスモール:https://www.b-mall.ne.jp/

【 セミナー概要 】

タイトル ITによる販路拡大セミナー 〜食品業界で業績を伸ばす中小企業の戦略とは〜
日時 3月23日(金)14:00〜16:00
場所 大阪商工会議所 地下2号会議室(大阪市中央区本町橋2-8)
詳細URL http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201802/D41180323022.html

 新規取引先の開拓から、既存取引先との商談・受発注・請求までをインターネット上で行えるシステムです。BtoB専用のシステムとして企業の営業力・購買力強化、業務時間短縮、コスト削減を実現し、ペーパーレス化につながります。貴社が最適な取引先と出会い、つながる仕組みを提供しています。

【 メリット 】

売り手企業

・食材の情報発信力が向上、販路が全国に拡大

・買い手のニーズにマッチした提案

・業種を明確にした戦略的な販促

買い手企業

・欲しい食材を全国の売り手に募集

・Web上で新規商材の発掘と購入

・特徴のあるメニュー開発、店舗開発

【 会社概要 】 (2017年12月末現在)

 会社名:株式会社インフォマート(東証一部:2492)
 代表者:代表取締役社長 米多比 昌治
 本社所在地:東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13階
 設立:1998年2月13日
 資本金:32億1,251万円
 事業内容:BtoB(企業間電子商取引)プラットフォームの運営
 従業員数:437名
 URL:https://www.infomart.co.jp/