『請求書の買取』とは?

「請求書の買取」とは、実際に紙やPDFなどの請求書を買い取る訳ではなく、請求書の発行によって確定した「売掛債権」を買い取り、その代金をお支払いするファクタリングという金融サービスを指しています。
ファクタリングは素早く簡単に行える資金調達方法として活用が広がっています。

ファクタリングとは

請求書
売却

入金まで時間のかかる
請求書(売掛債権)

すぐに現金化、資金ニーズを解消

キャッシュフローを改善

ファクタリングとは保有している売掛債権を売却して現金化する資金調達方法です。
入金まで時間のかかる売掛債権でもファクタリングを利用することですぐに現金化することが出来るので、キャッシュフローの改善効果があり、事業の拡大につなげることが可能です。

ファクタリングの特徴

ファクタリングは金融機関からの借入とは違い、売掛債権(資産)を売却して資金を調達する方法です。
早期に資金を調達することができたり、未回収リスクの軽減を図れるなど金融機関からの借入と比較しても様々な違いが存在します。

金融機関での資金調達と比較!

ファクタリングのポイント

  • 担保・保証人不要
  • 手続きが簡単
  • 審査が通りやすい
  • 売掛金の入金期日前に資金化できる
  • 売掛債権の未回収リスク軽減
  • 負債にならない

ファクタリングを利用する
タイミング

ファクタリングの特徴はなんと言っても「素早く」資金を調達できるところにあります。
キャッシュフローを改善する効果があり、下記のようなタイミングでご利用いただくことで効果を発揮します。

効果的なご利用のタイミング
  • 売掛金の入金まで時間がかかる 回収サイトが長く一時的な資金不足が発生しやすい。
  • 急な運転資金が必要 大量・大型受注などの特殊要因により急な資金需要が発生することがある
  • 借入以外の資金調達がしたい 借入を増やしたくない、短期的な資金調達にあまり時間をかけたくない

2つの契約形態

ファクタリング会社やサービスによっては契約形態の違いがあります。
ファクタリング会社とのみ契約する2者間ファクタリングと、そこに取引先を加えた3者間ファクタリングの2つの契約形態があり、利用するファクタリングがどちらなのかをまず確認する必要があります。

契約形態による違い
3者間ファクタリング通知が必要
取引先への通知が必須な3者間方式
2者間ファクタリング通知が不要
取引先への通知が不要な2者間方式
事前の承諾が必要 取引先 事前の承諾が不要
遅い 入金までのスピード 早い
安い 手数料 高い

3者間ファクタリングは取引先へ承諾を得る必要があり手間や時間がかかる場合があります。
取引先に利用を知られてしまう事で今後の取引に与える影響を懸念する声も多く、
最近では2者間ファクタリングが注目を集めています。

3者間ファクタリング通知が必要
取引先への通知が必須な3者間方式
事前の承諾が必要 取引先 事前の承諾が
不要
遅い 入金までの
スピード
早い
安い 手数料 高い
2者間ファクタリング通知が不要
取引先への通知が不要な2者間方式

3者間ファクタリングは取引先へ承諾を得る必要があり手間や時間がかかる場合があります。
取引先に利用を知られてしまう事で今後の取引に与える影響を懸念する声も多く、最近では2者間ファクタリングが注目を集めています。

電子請求書早払い
2社間ファクタリングを採用
従来の2者間ファクタリングは手数料率が10%以上に設定されることも多く、利用企業にとっては大きな負担になっていました。電子請求書早払いは上限でも6%と業界最安水準の手数料率を実現し、事業の成長を支える資金調達手段としてご活用いただけます。

他資金調達方法との比較

ファクタリングは今必要な資金を「早く・簡単に」調達できるサービスです。
他の資金調達方法では対応できない場合でも、ファクタリングであれば利用できることも多くあります。
資金調達方法の1つの選択肢として知っておくことが重要です。

ファクタリング・金融機関借入・エクイティ調達の違い