BtoBプラットフォーム利用企業数<10分更新> 345,322社・755,621事業所・1,100,609

2018年度流通金額:8兆497億

Info Mart Corporation 株式会社インフォマート

ニュースリリース

サイバーエージェントへ「BtoBプラットフォーム 請求書」を提供
〜請求書業務のIT化により、年間1,000時間以上の業務削減が可能に〜

 株式会社インフォマート(東京都港区 代表取締役社長:村上勝照、以下「当社」)は、株式会社サイバーエージェント(東京都渋谷区 代表取締役社長:藤田 晋)が、請求書の授受を電子化する当社の「BtoBプラットフォーム 請求書」を導入・運用を開始したことをお知らせいたします。

【 「BtoBプラットフォーム 請求書」を選んだ理由 

株式会社サイバーエージェント画像

 同社では、社内のペーパーレス化が進んでいる一方で、1,000社を超える取引先からの請求書は紙のままでした。毎月大量に増え続ける請求書の保管・管理、ならびに紛失・破損のリスクが課題となっていました。

 この課題解決の切り口として、「BtoBプラットフォーム 請求書」の電子帳簿保存法に対応したペーパーレス化、請求書の発行・受取、双方の業務IT化が実現することへの利便性と、万全なセキュリティ体制を信頼いただき、今回の導入に至りました。

【 導入効果 】

 @ 入力作業にかかる作業時間1,000時間/年の削減

 従来、月末締め日2日後に紙の請求書が到着していましたが、導入後は翌朝に請求データとして受け取れるため、リードタイムの短縮を実現する見込みです。また、月次業務は、請求書内容の社内システムへの入力作業が不要になり、年間1,000時間の業務削減を見込んでおります。

 A 1,000社を超える紙の請求書保管コスト削減

 これまでの毎月1,000社を超える取引先からの紙の請求書保管が不要になり、保管コストが大幅に削減される見込みです。また取引先と双方で利用できるため、取引先の郵送コストも削減されます。

 B 月次決算の早期化で経営判断のスピード向上

 請求書処理業務の工数が大幅に削減されることで、月次決算作業のスピードアップにつながり、経営判断のスピード向上が期待できます。

【 株式会社サイバーエージェント 経営システム室 ご担当者様より 】

 IT企業として迅速な経営判断をするためには、情報のリアルタイム性が求められます。大きな負担となっていた請求業務をシステム化することで、大幅なコスト削減と社内への迅速な情報共有により、月次の決算作業が早くなり、経営資料へのタイムリーな反映を見込んでいます。これらの月次決算作業のスピードアップにより、決算発表早期化も可能になると考えています。

【 サイバーエージェントの今後 】

 段階的に取引先にも導入し、現在は約300社の取引先に協力依頼をしています。今後もさらに取引先の導入を推進・拡大し、社内のペーパーレス化と、より迅速な経営判断を図ります。

【 サイバーエージェント様「事例詳細」ページ 】

【 「BtoBプラットフォーム 請求書」について 】

 請求書の受取・発行、双方に導入される請求書のプラットフォームです。請求業務に関わる時間短縮、コスト削減、生産性向上が実現します。取引先が取引先を招待し、世の中の全員が使うことで社会全体のペーパーレス化によるECOが実現します。ISMSの取得など請求書データを取り扱うためのセキュリティ体制も確保しています。

【  会社概要  】

[サイバーエージェント(2015年9月末現在)]

 会社名:株式会社サイバーエージェント(東証一部:4751)
 代表者:代表取締役社長 藤田 晋
 本社所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号
 設立:1998年3月18日
 資本金:72億300万円
 事業内容:メディア事業、インターネット広告事業、ゲーム事業、投資育成事業
 従業員数:3,432名
 URL:https://www.cyberagent.co.jp/

[インフォマート(2016年3月末現在)]

 会社名:株式会社インフォマート(東証一部:2492)
 代表者:代表取締役社長 村上勝照
 本社所在地:東京都港区芝大門1-16-3 芝大門116ビル
 設立:1998年2月13日
 資本金:32億1,251万円
 事業内容:BtoB(企業間電子商取引)プラットフォームの運営
 従業員数:381名
 URL:https://www.infomart.co.jp/

【 こちらもご参照ください 】

ページトップへ