BtoBプラットフォーム TRADE 資料請求
2021年7月リリース
■BtoBプラットフォーム TRADE の誕生背景
COVID-19の感染拡大にともなうテレワークニーズの増加により、各企業ではバックオフィス業務のクラウドへの移行、ペーパーレスを推進する動きが加速しています。当社のお客様からも「請求業務だけでなく、見積から発注、検収業務も電子データ化したい」との声が数多く寄せられています。それらの声にお応えするため、見積・発注・受注・納品・検収をクラウド上で管理し、「BtoBプラットフォーム 請求書」と連携することにより、請求業務までを完結できる「BtoBプラットフォーム TRADE」を今夏、リリースします。

お客様から聞く、
発注・請求業務でのお悩み

  • 〔見積管理〕
    どの見積から発注したのか、大量、煩雑な見積と発注との照合管理ができていない。

  • 〔発注業務〕
    電話で言った・言わない..。FAX印字不十分など、受発注ミスや行き違いが発生。

  • 〔伝票処理〕
    納品伝票仕分け・集計・入力に時間を要している。買掛管理にも苦労している。

  • 〔納品伝票/請求書の管理〕
    請求書・納品伝票保管スペース確保や廃棄にもコストがかかる。

  • 〔月次確定〕
    経理業務に時間を要し、会社として利益把握をするのが翌月半ば以降になってしまう。

  • 〔支払処理〕
    納品伝票と請求書原本を回収し、漏れのチェックを行うため、支払いの照合作業で残業が発生…。

疲弊する現場、嵩む作業コスト、数字確定の遅れなど…

紙の帳票・伝票のやりとりに起因する
多くのムダが発生

BtoBプラットフォーム TRADEは、取引先との間で行われる
見積から発注・請求までの商行為をクラウド上の電子データに置き換えるため、
貴社のビジネスを一気に加速させます。

BtoBプラットフォーム TRADEでできること

見積×発注×納品×検収×請求…電子化が必要な業務のみを組み合わせてご利用いただけます。
※詳細はご相談ください
見積書管理

見積書管理

見積依頼~発注を行うことで、煩雑な見積書管理を一元化できます。
発注書

発注書

データ発注で履歴管理が容易に。スマホ、PCから簡単・迅速に発注できます。
納品書

納品書

納品書の電子管理でミスがなくなり、運用の効率化が図れます。
検収書

検収書

社判の捺印のための出社が不要。ペーパーレスな働き方が実現します。
請求書

請求書

BtoBプラットフォーム請求書と連携し、取引履歴から請求書を発行できます。
契約書

契約書

さらにBtoBプラットフォーム 契約書を利用する事で、一連の商取引を全て電子データ化できます。
BtoBプラットフォームが企業間商取引全体のクラウド管理を実現

BtoBプラットフォーム TRADEでの取引フロー

BtoBプラットフォーム TRADEでの取引フロー
図中点線の機能(見積依頼、受領、見積発行)および、下記機能は2022年以降に順次実装予定となります。
相見積機能、API(発注書・検収書)、発注書のワークフロー連携、CSVアップロード機能(納品・出来高)。

BtoBプラットフォーム 受発注、for製造業との違い

当社がこれまで提供してきた飲食業界向け「BtoBプラットフォーム 受発注」は、日々の発注を「商品マスタ」ベースで行うため、「商品マスタ」を必要としない商習慣の業界での導入が困難でした。また、製造業向けの「BtoBプラットフォーム 受発注for製造業」は製造業の商流に最適化したサービスになります。
今回新たにリリースする「BtoBプラットフォームTRADE」は「商品マスタ」が不要なため、業界を問わず幅広い取引でのご利用が可能になりました。さらに、オプション機能を利用することで、建設業界固有の「出来高請求」にも対応いたします。
対象業界 対象商材 商品マスタ
食品業界 直接材(仕入) 必須
製造業界 直接材(仕入) 不要
全ての業界 全て 不要

企業間商取引のDXプラットフォームとしての実績

55万社
100万事業所
20年度流通金額
12.7 兆円
上場企業の
85
が利用

資料請求

お問い合わせ先

株式会社インフォマート
〒105-0022 東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13階
Mail:trade@infomart.co.jp