BtoBプラットフォーム 請求書 資料請求

入金消込を自動化
機械学習機能で消込業務の約98%が削減できる

自動入金消込・督促機能

貴社の銀行口座と『BtoBプラットフォーム 請求書』を連携し、入出金データの取り込みと入金消込業務が自動化され、作業時間を短縮できます。さらに、消込時に入金が確認できていない取引先に、システム上から督促することもできます。

自動入金消込に対応している口座 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、りそなグループ

資料ダウンロード

step1.入金データ自動取得

step1.入金データ自動取得

貴社の口座から入金データが自動でダウンロードされます。

step2.自動消込

step2.自動消込

自動取得した入金データから、自動で消込作業が行われ、消し込まれたデータを確認するだけで消込完了。

step3.督促

step3.督促

入金が確認できない取引先には、システムから督促を行うことができます。

消込業務にかかる時間を約98%削減

これまで時間と労力をかけて行っていた入金消込作業がなくなります。
これにより業務・コスト削減に加え月次決算の早期化も可能です。

自動入金消込・督促機能の特徴

入出金データを
自動取得!
銀行口座の入出金データをリアルタイムで自動取得するため、銀行口座の振込情報と会計データを突合する消込作業は不要です。
学習機能で
使うほどに効率アップ!
一度消込作業を行えば、学習機能により次回以降は自動で消込が行われます。
督促状況も確認でき、
入金・連絡漏れを軽減!
未入金の督促もプラットフォームで行うことができるため、相手の開封状況がわかり効果的な督促業務を行えます。

この機能を導入している企業様

経理部門の入金消込・営業部門の督促業務を軽減し、
速く確実な入金管理を実現します!

詳しくわかる「BtoBプラットフォーム 請求書」
資料ダウンロード

  • 本サービスの概要、特長、他社との違い
  • 導入する事で改善・削減できる内容、削減試算例
  • 本サービスの詳しい料金体系

資料ダウンロード

導入まで何をすればいいか不安な方、デモ画面を見てみたい方へ

【無料】
オンライン相談受付中

電子請求書の導入を考えているが、自社で対応できるか分からない方
社内への説明や取引先への通知など、導入に不安がある方
ぜひWeb会議でご相談ください。

※お取引先様からのご依頼で利用する際の不明点はチャットボットからお願いいたします。

Web会議の予約はこちらから