BtoBプラットフォーム 規格書 資料請求

食品衛生用語集アレルギーやコンタミネーションなど、食の安心・安全にまつわる用語をわかりやすく解説します。

個体識別番号(こたいしきべつばんごう)

個体識別番号とは、牛肉の安全性に対する信頼確保やBSEのまん延防止措置の的確な実施などを目的として、牛に一意で割り振られる番号のこと。
牛を個体識別番号により一元管理するとともに、生産・流通の各段階において 当該個体識別番号を正確に伝達するための牛個体識別情報伝達制度(牛トレーサビリティ制度)を構築するために、平成15年6月に「牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法」が公布された。畜主は、牛の出生と同時に耳に個体識別番号が書かれたタグを装着し、装着した番号を個体識別センター(家畜改良センター)に報告する義務があり、この番号は、牛が食肉(牛肉)として流通する段階まで明記されており、例えばスーパーマーケットで販売されている精肉のパッケージにまで記載されている。この番号はインターネットを通じて参照する事が出来る。

フード業界の「食の安心・安全」に対応
BtoBプラットフォーム 規格書

資料請求する

今注目のワード

最も検索されているホットワードを中心に、いますぐ知っておきたいワードを集めました。