BtoBプラットフォーム 受発注 資料請求

セミナーレポート

飲食店経営者向けセミナー

お店のスタッフは、
なぜ1週間で辞めるのか?

来場者の99%が役立ったと回答

来場者の99%が役立ったと回答

セミナーレポート

飲食店経営者向けセミナー

お店のスタッフは、
なぜ1週間で辞めるのか?

2019年6月~7月にかけて、東京、大阪、福岡、北海道でGOSSO社、リーガル・リテラシー共催の
食店経営者向けセミナー「お店のスタッフは、なぜ1週間で辞めるのか?」を開催いたしました。

小規模飲食店経営者やチェーン店の飲食事業責任者など、数多くの方にご来場いただき、
GOSSO社が実践してきたスタッフが辞めない店舗づくりのノウハウと、
それを支えたリーガル・リテラシー社による労務管理術に、皆さま熱心に耳を傾けられていました。

そして、来場者アンケートでは多くの方が「非常に役立った・役立った」と回答され、
有意義な時間をお過ごしいただくことができました。

セミナー内容は
満足いただけましたか?

セミナー内容の満足度の円グラフ

来場者の声(一部抜粋)

成長段階に応じて必要な経営の変化、人材を活かす具体例がロジカルで非常に勉強になりました。

会社の大人化という課題が自社の課題ともリンクするところがありました。

GOSSOさんの取り組みがとても参考になりました。

自社や自エリアが起こっている問題と重なる部分がとても多く勉強になりました。

社長が社員の家庭環境まで考えてくれていると働いている社員・スタッフは安心できると思います。労務改善を積極的に取り組んでいきたいと思います。

役立ち度99%の
セミナーの内容を一部
ご紹介いたします。

第一部

持続成長に求められる生産性

株式会社インフォマート 取締役 大島大五郎

株式会社インフォマート取締役大島大五郎の写真

大島大五郎

平成における飲食業界は成長期と衰退を行き来し、平成25年から現在にかけて成長傾向にある一方で、日本の人口減少、世界の人口増加というメガトレンドにより、食料品の奪い合いによる値上がりやそれに起因する生産性の低下が危惧されています。

その中でも飲食企業の持続成長に求められるのが生産性の向上です。生産性=売上総利益÷従業員数であり、従業員の効率性を上げ、飲食店の本質である料理やサービスに特化できるお店を作り、お客様満足度を上げることが生産性の向上に欠かすことのできない大きな要因となっています。

「如何に従業員を生き生きと働かせることができるか?」「如何に働く価値を上げることができるか?」

弊社大島からは、従業員の満足度を上げる(従業員を辞めさせない)ためのIT活用と、その実例をご紹介いたしました。

第二部

お店のスタッフはなぜ1週間で辞めるのか?

GOSSO株式会社 代表取締役社長 藤田建 氏
GOSSO株式会社 人材開発リーダー 石井優希 氏

GOSSO株式会社 代表取締役社長 藤田建 氏

GOSSO株式会社 人材開発リーダー 石井優希 氏

GOSSO株式会社代表取締役社長藤田建氏の写真

藤田建 氏

GOSSO株式会社人材開発リーダー石井優希氏の写真

石井優希 氏

開発力、現場力、変化対応力を強みに成長を続けるGOSSOグループ。

「人生に潤いを!ハピネス&スマイル創造カンパニー! 」を共有理念とし、社員満足度も非常に高い同社ですが、会社創業初日に全アルバイトスタッフが辞めるなど、労務環境は良いものではありませんでした。

では、なぜ現在のようにスタッフが辞めない労務環境の良い職場へと変化を遂げたのか?

その大きな要因として、藤田氏自身「自分が正しい」という自己保全(ヘビ脳)の考え方から、「みんなが正しい」とうい全体保全(ヒト脳)の考え方への変化がありました。

この思考の変化により社員の労務環境の整備(=居場所づくり)が重要であることに気づき、休日・待遇改善、システム導入など様々な改革を行われました。

藤田社長からは思考の転換のきっかけとなった出来事や労務改革における具体的な取り組み内容について、石井氏からは労務改革を実行し、働きやすい職場環境づくりを行うにあたってはなくてはならないITツールとしてリーガル・リテラシー社の「労務AI」および弊社「BtoBプラットフォーム受発注」についてご説明いただきました。

第三部

飲食店の労務を数値化すると、飲食店の働く環境は劇的に良くなります。

株式会社リーガル・リテラシー 代表取締役社長 黒部得善 氏

株式会社リーガル・リテラシー代表取締役社長黒部得善氏の写真

黒部得善 氏

過去20年間、飲食業界は常に人手不足と言われていますが、その大きな要因として感性と経験、感覚で行われてきた労務管理が挙げられます。

それ故、スタッフの退職理由を知ることもなく、新人が辞めて新人を補充し続けるといった負のサイクルに陥り、あたかも人手不足かのような錯覚に陥っている方が多くいらっしゃいます。

飲食店スタッフが辞めるタイミングは3回あり、最も多いのは入社1週目、次に4週目、8週目と続きますが、労務を数値化することで、辞め時に応じた対策を講じることができるようになるとのこと。

黒部氏からは、スタッフ(主に新人)が辞めない安心感のある職場の作り方について、労務AIを活用した具体的な事例とともにお話しいただきました。

今後も、飲食業界に有益なセミナーを
開催してまいりますので、
乞うご期待ください

GOSSOが
労務環境改善に活用している
『BtoBプラットフォーム 受発注』の資料を
ダウンロードいただけます。

資料をダウンロードする