食品衛生用語集アレルギーやコンタミネーションなど、食の安心・安全にまつわる用語をわかりやすく解説します。

米トレーサビリティ法(こめとれーさびりてぃほう)

米トレーサビリティ法(ハサップ)とは、Hazard Analysis Critical Control Pointの頭文字からとったもので、「危害分析重要管理点」と訳される。
食品に対する原材料の受入から製造・出荷までの各工程において、微生物による汚染や金属の混入などの危害を起こす要因を分析し、その危害を防止(予防、消滅、許容レベルまでの減少)するための重要管理点を特定しながら、そのポイントを継続的に監視・記録することで、不良製品の出荷を未然に防ぐ工程管理手法。
なお、2020年の東京オリンピックに向けて、米トレーサビリティ法の導入義務化する動きがある。この動きは、業種業態問わず、フードチェーンなど全ての業種が対象となる見込み。

フード業界の「食の安心・安全」に対応
BtoBプラットフォーム 規格書

今注目のワード

最も検索されているホットワードを中心に、いますぐ知っておきたいワードを集めました。