BtoBプラットフォーム請求書

これから始めるあたらしい経理のカタチ 電子請求書があなたの請求業務を大きく変えるこれから始めるあたらしい経理のカタチ 電子請求書があなたの請求業務を大きく変える

公開中!!マンガでわかる!「あたらしい経理」

みなさんが悩んでいる
紙による請求業務を
今こそ変えていきませんか!

紙による請求業務は、時間と手間とコストがかかり、私たちを悩ませます。
さらに確認や押印などの作業を行うためだけに出社が必要になり、
柔軟な働き方を抑制する原因にもなっています。

請求書の電子化の遅れは会社、ひいては経理のみなさんの進化を
遅らせることではないでしょうか?
現に日々の業務に追われ、体制や業務改善ができず、
スキルアップできないというアンケート結果もあります。

貴社の経理・財務部門で業務改善など、どのような新しい取り組みを行いましたか?(複数回答) 人員配置・役割の見直し32% 作業工程・ルールの見直し28% 新しいITツールの導入23% 評価制度の変更8%

経理が経営戦略への参画などを実現するために解決すべき課題は? スキル不足25% 体制の不備22% 業務過多19% 社員教育・意識改革18%

【調査概要】◆調査方法:メール送信によるアンケート調査◆調査内容:経理・財務の業務内容に関する調査◆調査期間:2019年12月17日~24日
【アンケート回答者の内訳】経理・財務部門に関わる管理職・一般職 1915人

国もDXを推進し、紙の取り扱いを減らそうとしている今こそ、
請求書の電子化に取り組む時です。

さあ、あなたも
「あたらしい経理」の時代へ!

電子請求書によるあたらしい経理電子請求書によるあたらしい経理

発行

大量の印刷を行う手間や手作業による封入作業が軽減し、請求データのアップロードで発行可能に。

受取

手動で行っていた仕訳入力が軽減し、請求データを取り込んで自動仕訳が可能に。

発行

月末月初の残業が減るとともに、部全体で在宅で業務が行える環境を構築。

受取

たくさんの請求書を押印する必要がなくなり、承認ボタンの1クリックで業務が完了に。

発行

請求書の発行にかかっていた、発送費や人件費のコストが大幅削減可能に。

受取

請求書をはじめ帳票類の保管にかかっていたコストが、大幅削減可能に。

マンガでわかる!あたらしい経理

「あたらしい経理」について学ぶ

セミナー一覧

導入事例を見る

導入事例一覧

電子請求書の仕組みについて知りたい

資料ダウンロード

動画でもっと理解するあたらしい経理動画でもっと理解するあたらしい経理

スーパー経理部長こと前田康二郎氏と現役の経理部役職者が、「あたらしい経理」をテーマにトークを繰り広げたイベント動画です。
経理部門の情報交換会と題し、様々な変化が起こる時代のなか、今後の経理において新しい気づきが得られる動画です。

登壇企業名

流創株式会社 前田 康二郎 氏
株式会社野村総合研究所 冨嶋 亘 氏
株式会社ディー・エヌ・エー 大脇 智洋 氏
ビジネス+IT 編集長 松尾 慎司 氏
株式会社インフォマート 青木 祐人

あたらしい経理を実践している企業の声あたらしい経理を実践している企業の声

今まではExcelで請求書を作って押印し、郵送していた作業がなくなった為、業務時間の削減とペーパーレスの推進につなげることができました
また、取引先の方の業務も改善できていると思います。

社員規模:300-1000人未満 放送・出版・マスコミ

電子化できたことにより、保管・輸送コストの削減、請求書入力業務の時間短縮、全体の請求処理時間の大幅な短縮ができたことにより大幅コストダウンが実現できました

社員規模:300-1000人未満 放送・出版・マスコミ

月末、年末、パソコンの前で、残業までして伝票発行、封入作業を行ってませんか。
びっくりするぐらいに、時短になりますし、その時間を別の業務にあてられます。イライラ(ストレス)もなくなると思います....

社員規模:50-100人未満 印刷

企業間で請求書から支払手続きまで「見える化」を実現できており、端末上で全て解決できます。
先方側も支払稟議が何処まで通っているのか確認する事が出来る為、互いに確認しあう手間も省けます。
これから会社の方針がペパーレスに移行する可能性があるのであれば、今まで郵送して取得していたものが必要無くなり、自社間での稟議承認も確認可能です。

社員規模:1000人以上 不動産売買

※ITreviewより抜粋

電子請求書は
経理の在り方を変え、
利益を生み出す
経理へと進化させます

電子請求書が紙に代わり、経理のニューノーマルとなることで、
経理本来の役割に集中できる未来が訪れるかもしれません。

それは部全体が決算業務に追われる働き方から、余裕ある働き方にシフトし、
経営戦略のサポートや利益を生み出す経理へと大きく変わるきっかけとなるに
違いありません。

まずは紙から電子請求書の活用を!
部・課全体の業務改善だけでなく、会社全体に影響を与える
「あたらしい経理」がまっています。

さあ、あなたも「あたらしい経理」の時代へ!