変わる経理
現役経理パーソン&管理職1725人アンケートで読み解く、これからの姿(前編)

求められる理想と、現状との乖離

2019年3月11日

変わる経理(前編)〜求められる理想と、現状との乖離

人工知能(AI)やビッグデータがもたらすデジタル社会の構造変革が加速している。近い将来、多くの仕事がAIやロボットに奪われるともいわれ、中でもバックオフィスは、2030年までに国内で140万人以上の需要が減少するとの試算もある(2016年経済産業省資料による)。将来消滅する仕事として経理・財務は名指しされているのだ。変革の波はいやおうなしに押し寄せている。編集部が実施したアンケートでも、回答した約7割の経理・財務部門関係者が、「変化を求められている」と感じていた。では実際に今、何が求められ、今後どう応えていくべきなのだろうか。これからの「経理」の話をしよう。

【アンケート回答者の内訳】

経理財務部門に関わる 管理職…644人 一般職…1,081人
●流通/小売業…24% ●製造業…17% ●サービス業…19% ●建設/不動産業…11%
以下、●医療/福祉 ●運輸業 ●情報通信業 ●電力/ガス/水道 ●放送/出版/マスコミ/広告 ●通信販売業 ●金融/保険業 ●旅行業 ●学校 ●官公庁 ●地方自治体 ●その他

【 調査概要 】

◆調査方法:メール送信と調査票によるアンケート
◆調査内容:経理・財務の業務内容に関する調査
◆調査期間:2018年12月6日〜17日

経理・財務の業務内容について経理パーソン&管理職1725人に調査!

Q1 いま、経理・財務部門に変化が求められていると感じますか?

Q1

Q2 Q1で変化が「求められている」を選択した方にお聞きします。それはどのような変化ですか?

業務の効率化、生産性の向上(運輸業/部長)

■企業収益の確保のため、合理化・ペーパーレス・AI導入等の対応を、より一層進めざるをえない状況です(流通・小売業/部長)

経営判断に役立つ経理情報のリアルタイムの提供と、その精度を高める(製造業/一般職)

受動から能動へ(流通・小売業/部長)

■経営陣が経営判断に必要となる情報提供を行うために、企画提案型の経理となる必要がある。(流通・小売業/一般職)

■これまで経理・財務全体を把握できる人材が理想の人材とされてきたが、これからは業務全体を把握できる人材と、特定の業務に特化したプロフェッショナルな人材の、ふたつを一人で持ち合わせた人材を育成できるかが重要なポイントになると思う。(流通・小売業/一般職)

過去会計から未来会計へのシフト(サービス業/係長)

■経営サイドから月次決算の早期確定が求められている。また細かなKPI 分析に基づいた実績の分析も必要とされてきている。(旅行業/課長)

■例年通りとか、これは当たり前のこととかの固定概念を無くし、これからに向けた財務処理(流通・小売業/経営者)

■より早く、簡潔に。(建設・不動産業/経営者)

■脱属人化、見える化だと思います。これまでは、人員の入れ替わりや、監査法人が変わる毎に、それらの内容を把握するのが困難でした(その他/経営者)

■単なる会計処理・財務諸表作成は機械化し、経理は経営運営に対し、計数を基に合理的なアドバイス・遵法経営に従った意見を言える部門になること(流通・小売業/部長)

■RPA化・電子化・オンライン化(運輸業/課長)

■数字を計算するだけでなく、どうやって数字を作るための行動ができるか(製造業/課長)

■目まぐるしく変化するIT技術への対応(製造業/一般職)

経営戦略に絡む役割へ――。
求められる理想と現状との乖離かいりが浮き彫りに

今、経理・財務部門にはどんな変化が求められているのか。

具体的な声を拾い上げてみると、国をあげた「働き方改革」が浸透してきた昨今を反映するかのように、業務の効率化や生産性向上といったキーワードが目立つ。

一般的に、経理は属人化しがちで、効率的とは言い難い業務が多い。人員の離職や異動のたびに発生する、職人技のようなノウハウの引き継ぎなど、課題を感じる場面もあるだろう。

一方で、単なる会計処理にとどまらない経理への変化も求められている。アンケートから浮かびあがるのは、経営判断に必要な会計情報を提供し、場合によっては適切なアドバイスを経営陣に与えるといった、より積極的な提案型の管理会計を望む傾向だ。

データ分析は経理部門の生みだす付加価値であり、経営に直結する基盤である。経理が本来果たすべき役割といってもいいだろう。だが、別の見方をすれば、現状の経営分析や財務戦略が充分ではないからこそ、現実の声として受け身の経理から提案型への変化を求められているともいえる。

実際に、経理本来の役割を果たせているかという問いには、全体の6割が「いいえ」と回答している(Q3)。経理部門の業務を占めているのは、「入出金の処理・管理」や「会計処理、決算業務」といったルーティンワークがほとんどだ(Q4)。

では、求められている役割が思うように実現できていないのは、なぜだろう。

Q3 経理・財務部門が本来担うべき役割を、貴社では実現できていると思いますか?

Q3

Q4 現在、貴社の経理・財務部門が行っている業務をすべて選択してください。

Q4

Q5 本来担うべき役割を実現するために解決すべき課題は何ですか?(複数回答)

Q5

以下、「新しいものへの抵抗心」「情報共有の不足」「評価制度」と続く。フリー回答には「人員不足」「世代交代を進めたいが適当な人材がいない」なども。人材の獲得や、社員のスキルアップのための体制作りも大きな課題のようだ。

Q6 直近の3年程度で、貴社の経理・財務部門で業務改善などの新しい取り組みを行いましたか?(複数回答)

Q6

その他、「研修制度の設定」「アウトソーシングの導入」「後継者の育成」などの回答もあがった。また、全体の3割に及ぶ企業が新しい取り組みをしていないことも判明。業界や意識の差違により、経理部門に求める役割は大きく異なり、そのため業務改善への意識にも開きがあると推察される。

  • 1
  • 2

請求書を電子化して、経理業務のコスト削減!

BtoBプラットフォーム 請求書の詳細はこちら

資料ダウンロード&無料IDの取得はこちら!
まだ紙の請求書ですか?200,000社以上が利用中 BtoBプラットフォーム請求書

セミナー情報

日々の請求業務にお悩みの方
お気軽にご相談ください

導入コンサルティング
メディア掲載実績
請求書TIMES
無料ID取得&資料ダウンロード

経営役立ちコラム

会計知識・業務改善 情報満載

経営役立ちコラムTOP
導入コンサルティング
請求書の受取・発行を電子化 BtoBプラットフォーム 請求書
請求書TIMES
無料ID取得&資料ダウンロード