無料オンライン相談

電子請求書TIMES

請求書

  • 電子請求書とは?導入するメリットや注意点などを解説

    電子請求書は、紙に印刷することなく、データのまま顧客とやりとりをすることができます。電子請求書をうまく業務に取り入れることで、経理業務のデジタル化、ペーパーレス化による業務効率アップを実現できます。ただし、電子請求書には、いくつかのデメリットもあります。逆効果になってしまわないように、自社に合ったやり方で取り入れる必要があるでしょう。 そこで今回は、電子請求書を導入することで得られるメリットや導入にあたっての課題、注意点などについて詳しく解説します。

    請求書
  • 請求書とは? 書き方や送り方、電子請求書のメリットを解説

    請求書は、お金のやり取りをする際に大切な書類です。取引先とのトラブルを防ぐためにも、請求書を発行しておくと安心です。しかし、請求書に記載する項目を細かく知らずに送付している人も多いのではないでしょうか。

    請求書
  • 請求書の宛名の正しい書き方。意外と見落としがちなポイントは?

    請求書を発行する時、必ず記載する「宛名」。これまで知らずと間違ったマナーで記載していませんか? 請求書はお金に関わる書類なので、間違いなく正しく書くことが大切です。今回は、請求書の正しい宛名の書き方について解説します。 初めて請求書を発行する方や、ビジネスマナーについてきちんと知っておきたい方は参考にしてください。

    請求書
  • 請求書の書き方は?記載する項目や注意点を解説

    請求書は、フリーランスが収入を得るためには欠かせません。でもいざ作成するとなると、意外と書き方が分からないもの。「そもそも、何を使って作ったらいいの?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 この記事では、請求書に記載すべき項目や作成方法を詳しく解説します。郵送する際の注意点や請求書を電子化する方法についても、ぜひ参考にしてください。

    請求書
  • 請求書の正しい保管方法は?保管期間と原本の保存義務についても解説

    経理の仕事ではおなじみの請求書。企業規模が大きくなれば、毎月1,000枚以上の請求書を処理することも珍しくありません。これらの膨大な請求書は、受領や発行後、どのように保管すればよいのでしょうか。 そこで今回は、改正電子帳簿保存法が施行されたことによる保管方法の変更点や、保管期間などを含め、詳しく解説します。

    請求書
  • 請求書の再発行を依頼されたら?ケース別の正しい対応と注意点

    請求書は、ビジネスにおいてやりとりすることの多い身近な文書です。それだけに、紛失やミスなどのトラブルに遭遇することも珍しくありません。取引先から再発行の依頼を受けたり、逆に依頼したりすることもあるでしょう。 そこで今回は、請求書の再発行に対する正しい対応や注意点などについて、ケース別に詳しく解説します。

    請求書
  • 電子インボイスとは?メリット・デメリットや導入の課題などを解説

    請求書業務に関連して、最近よく耳にするようになった言葉に「電子インボイス」「デジタルインボイス」があります。従来の紙の請求書を電子インボイスにすることで、業務の最適化や生産性向上を実現するデジタル化の推進が期待できるでしょう。 今回は、電子インボイスの概要とメリット・デメリット、導入にあたって検討すべき課題などについて解説します。

    請求書
  • 請求書の電子化とは?メリットや電子請求書システムを選ぶコツを解説

    あらゆる業界のさまざまな業務で、デジタル技術を活用したビジネスの変革が進んでいます。従来、紙にはんこを押し、郵送でやりとりされてきた請求書業務もそのひとつです。業務効率化のために、自社や取引先の請求書の電子化を望む人は多いでしょう。 そこで今回は、デジタル化の一環として請求書を電子化することのメリット・デメリット、電子化に欠かせない電子請求書システムを選ぶ際に確認すべきポイントなどを解説します。

    請求書
  • 請求書とは?必要性や記載項目など基礎知識を解説

    経理業務を担当する方が請求書の存在自体を知らないということはありえないでしょう。しかし、請求書の必要性、必ず記載しなければならない項目、どのような形で何年間保存するのかなどをすべて正確には把握していないといった方は多いのではないでしょうか。紙文書から電子文書への移行を行う企業が増えている今、改めて請求書の必要性や記載事項など基本的な部分を把握するのに最適なタイミングです。そこで今回は請求書の基礎知識についてお伝えします。知っているつもりから脱却し、しっかりと理解するために参考にしてください。

    請求書
  • 電子請求書を受け取るメリットとデメリット、スムーズな対応のポイントとは?

    テレワークの普及や2022年1月に施行された改正電子帳簿保存法により、多くの企業で請求書の電子化が急速に進んでいます。請求書の電子化は、印刷や封入、郵送の手間とコスト削減に大きく貢献しますが、電子請求書を受け取る側にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょう。今回は電子請求書の概要に触れたうえで、電子請求書を受け取る側のメリット・デメリットや対応方法をお伝えします。新たに請求書の電子化を開始し、スムーズな受け取り対応を検討されている際は、ぜひ、参考にしてください。

    請求書
  • 請求書を訂正する方法は?日付や金額ミスの訂正方法を解説

    毎月発生する請求書発行業務は決して難しい業務ではないものの、ミスは許されない業務です。処理数が多くなれば経理担当者の負担も大きくなり、どれだけチェックをしたとしても何かしらの間違いが出てしまう可能性もありえます。相手先に送る前にミスに気づければまだ修正は可能ですが、発送後にミスに気づいた場合はどのように対処すればよいのでしょう。今回は請求書の訂正方法について、どのような対応をするべきかをお伝えします。請求書発行を担当する方はぜひ、参考にしてください。

    請求書
  • 軽減税率制度の導入によって請求書の書き方はどう変わる?軽減税率制度に対応した請求書の書き方についても解説

    軽減税率の導入によって、消費税率は10%と8%の2つに分かれました。そのため請求書や納品書などの取引書類にも、軽減税率を反映させる必要があります。 特に請求書は、現行の「区分記載請求書」と2023年から適用される「適格請求書等保存方式(インボイス制度)」の2つに即した正しい書き方の理解が必要でしょう。軽減税率制度導入に対応した、請求書の記載方法について解説します。

    請求書
  • 翌日配達、土曜配達がなくなる郵便法改正。請求書業務にもたらす影響とは?

    手紙やはがきなどの普通郵便の土曜配達が、2021年10月2日から休止されます。加えて、配達日数も段階的に1日程度繰り下げられ、これまでおおむね17時までの差し出しで翌日配達されていた地域は翌々日となります。 これは、郵便法改正に基づいて日本郵便がサービスの見直しを行うためです。発送から到着までの日数がのびることで、毎月厳格な「締め日」が設けられている請求書業務は、大きな影響を受ける可能性があります。法改正のポイント、業務への影響と改善方法をお伝えします。

    請求書
  • 2021年最新版おすすめ請求書作成・保管ソフトを紹介

    多くの業種で人手不足が慢性化しつつある今、対策として業務の効率化は必要不可欠です。業務効率化を進めていく方法のひとつに「業務効率化ソフトの導入」があります。 営業部であれば営業管理ツール、マーケティング部であれば、マーケティングオートメーションツールなどが効果を発揮すると見込まれます。では、経理部の業務効率化を実現するのは何でしょうか? それは請求書作成・保管ソフトです。今回は請求書作成・保管ソフト導入のメリットと2021年現在、最新のおすすめ請求書作成・保管ソフトを紹介します。

    請求書
  • なぜ、請求書に印鑑は必要なのか?新しい働き方を実現するために果たす印鑑の役割は?

    2020年4月7日、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ目的として発令された緊急事態宣言。これを機に時差出勤やテレワーク導入が進みました。しかし、事前の十分な準備がなくテレワーク導入を進めた影響もあり、一部の企業では緊急事態宣言の解除に伴ってテレワークをやめています。 テレワーク導入を実現する課題として挙げられるのは、ネットワーク整備やクラウドの導入などでしょう。そのなかで押印をどうするかも重要な課題となっています。そこで今回は請求書や契約書への押印についてそもそも必要なのか、必要であればその理由、印鑑のメリット・デメリットなどについてお伝えしましょう。

    請求書
  • 請求書原本の必要性とPDF請求書の法的有効性

    従来、企業で扱う契約書や請求書など重要な書類の多くで、原本を大切に保存していました。基本、決算時の確認はもちろん、税務調査が入った場合でも提出するのはコピーではなく原本です。しかし、時代は変わりペーパーレス化が進んだ現在、契約書や請求書の原本を紙の書類として保存しておく必要はあるのでしょうか?  今回は企業における書類の原本は必要なのか、また、電子化された請求書に法的有効性はあるのかといった点についてお伝えします。

    請求書
  • 請求業務の負担を大幅に軽減する請求書管理システムとは?

    請求業務は、日々発生するうえ、「作成」「郵送」「保管」「管理」など多くの工程が存在するため、効率化が進んでいないと経理担当者にとって大きな手間になってしまいます。手間になる理由として挙げられるのは、「請求書を紙で処理している」「表計算ソフトを使って管理をしている」などでしょう。 これらの問題を解決し、経理業務を効率化させるにはどういった施策が必要なのでしょうか。今回は、請求書の管理業務にかかる負担を大幅に軽減するうえで欠かせない請求書管理システムの必要性や、導入で得られるメリットについてお伝えします。

    請求書

電帳法・インボイス制度の対応も
業務効率化もこれ一つで!

詳しくわかる資料をプレゼント
  • 01.本サービスの概要、特徴
  • 02.導入により改善・削減できる内容の事例
  • 03.本サービスの料金体系
  • 04.他社サービスとの機能比較一覧