無料オンライン相談

電子請求書TIMES

電子帳簿保存法

  • 電子帳簿保存法におけるデータ保存はいつから?猶予措置とともに解説

    電子帳簿保存法は、国税関係帳簿書類を電子データとして保存する場合のさまざまなルールを定めた法律です。2022年の法改正により、電子取引データの保存が義務化されました。そこで今回は、電子データの保存義務化を含む2022年の法改正の内容と、義務化に対応することが難しい事業者を対象とする「猶予期間」制度について、詳しく解説します。

    電子帳簿保存法
  • 電子帳簿保存法における保存期間は?紙・電子データの保存方法も解説

    近年、電子帳簿保存法の度重なる改正により、税務署への事前承認申請が廃止され、書類の要件が緩和されるなど電子データの作成が容易になりました。一方で、電子取引に関する書類は電子データで保存することが義務化されるなど、帳簿書類の扱い方が大きく変わりつつあります。そこで今回は、電子帳簿保存法における保存期間や、電子化後の紙媒体の扱いのほか、紙媒体・電子データ別の保存方法などについて解説します。

    電子帳簿保存法
  • 電子帳簿保存法対応のシステムとは?選び方や導入メリットを解説

    電子帳簿保存法に対応した書類のデータ保存を行うためには、複数の要件を満たす必要があります。タイムスタンプの付与といった、システムを利用しなければ対応できない要件もあるため、必要に応じてシステムの導入を検討するようにしましょう。 電子帳簿保存法に対応したシステムの中から、自社に合ったシステムを選定・導入することで、書類の電子化をスムーズに進められます。今回は、電子帳簿保存法の概要とともに、システムの導入メリットや選定のポイントについて解説していきます。

    電子帳簿保存法
  • 電子帳簿保存法に対応したシステムを導入しない場合はどうなる?

    電子帳簿保存法で定められた保存区分には、電子帳簿等保存、スキャナ保存、電子取引の3つがあります。これら3つのうち、電子帳簿等保存とスキャナ保存の導入は任意ですが、2024年1月からは電子取引への対応が義務化されます。これに伴い、電子帳簿保存法に対応したシステムを導入すべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、電子帳簿保存法に対応したシステムを導入しない場合に生じる可能性があるデメリットや、電子帳簿保存法に対応するための方法などについて、詳しく解説します。

    電子帳簿保存法
  • 電子帳簿保存法とは?対象書類と保存要件や期間をわかりやすく解説

    電子帳簿保存法は、国税関係の帳簿や書類を電子データとして保存する際の要件などを定めた法律です。これまで紙で保管していた書類を電子データ保管に切り替えることで、保管場所を確保する必要がなくなります。また、ファイリングの手間や人的ミスの発生も抑えられるでしょう。 そこで今回は、電子帳簿保存法の対象となる書類の一覧や保存形式ごとの最新の要件、書類の保存期間などについて解説します。業務のデジタル化や効率化を検討している事業者の方は、ぜひ参考にしてください。

    電子帳簿保存法
  • 電子帳簿保存法に必要なタイムスタンプとは?取得方法や要件を解説

    2022年1月の改正電子帳簿保存法の施行によって、電子取引上のデータ保存が義務化されました。同時に、電子化に際して設定されていたさまざまな要件が緩和されています。スキャナ保存時のタイムスタンプの付与期間も、緩和された要件のひとつです。 そこで今回は、改正電子帳簿保存法におけるタイムスタンプについて、仕組みや取得方法、緩和された要件について詳しく解説します。

    電子帳簿保存法
  • 電子帳簿保存法の改正内容は?2024年までに対応すべきことを解説

    2022年に電子帳簿保存法の改正によって決定した、電子取引上の電子データ保存の義務化が2024年に迫りました。対応が遅れると、青色申告の承認取り消しや追徴課税をはじめとしたさまざまな罰則が科される可能性があります。企業の信頼性にも関わるため、最新の法令を確認してすみやかに対応することが大切です。 そこで今回は、2022年に行われた電子帳簿保存法の改正ポイントと、2024年に向けて企業がやるべきことについて解説します。

    電子帳簿保存法
  • e-文書法とは?電子化のメリット、電子署名・タイムスタンプの役割を解説

    電子帳簿保存法が2022年1月改正で話題になったことは記憶に新しく、ビジネスで扱う文書の電子化や保存に関する法律は、電子帳簿保存法だけと思われがちです。しかし、実際には電子帳簿保存法が扱うのは、国税に関する帳簿書類のみで、建設現場で使われる図面、医療現場で使われるカルテなどは含まれません。では、これら文書の電子化に関する法律は何かといえば、e-文書法です。今回は、e-文書法の概要に触れつつ、文書電子化のメリット、e-文書法に関わる電子署名やタイムスタンプの役割についてお伝えします。

    電子帳簿保存法
  • 電子帳簿保存法の猶予2年間の終了を待たず、請求書の電子化を進めたほうがいい理由

    2022年1月から電子帳簿保存法が改正されました。しかし「電子データ保存の義務化」には、2年間の猶予が設けられたのです。そして2023年10月にはインボイス制度が開始されます。 実は2年間の猶予とインボイス制度の導入を照らし合わせると、「2024年に迎える電帳法の猶予2年間の終了を待たずに、今から急いで請求書の電子化をすすめたほうがよい」といえます。一体それはなぜなのでしょうか?

    電子帳簿保存法
  • 「電子帳簿保存法」と「e-文書法」それぞれの役割と違いについて解説

    デジタル技術の浸透やペーパーレス化への流れを受け、これまで書面で行われてきた各種書類の管理方法にも変革が見られます。 この分野で企業に関連性の高い法律は、「電子帳簿保存法」と「e-文書法」の2つ。いずれも法的文書の電子化についての規定を示しているものの、2つにはどのような違いがあるのでしょう。ここでは「電子帳簿保存法」と「e-文書法」の役割や関係性、内容の違いについて解説します。

    電子帳簿保存法
  • スキャナ保存制度の把握は紙書類電子化の第一歩、その重要性を解説

    電子帳簿保存法は、企業が紙書類の電子化を進めていくうえで非常に重要な意味を持つ法律のひとつ。特に経理担当者は、業務効率化を実現するためにもしっかりと内容を把握しておく必要があるでしょう。 ここでは証憑書類の電子化に欠かせないスキャナ保存制度について、概要や重要性、利用によって得られるメリットなどをお伝えします。

    電子帳簿保存法

電帳法・インボイス制度の対応も
業務効率化もこれ一つで!

詳しくわかる資料をプレゼント
  • 01.本サービスの概要、特徴
  • 02.導入により改善・削減できる内容の事例
  • 03.本サービスの料金体系
  • 04.他社サービスとの機能比較一覧