無料オンライン相談

電子請求書TIMES

インボイス制度

  • 免税事業者における消費税の取り扱い。課税事業者との違いやインボイス制度の影響は?

    消費税の納税を免除されている免税事業者は、消費税の取り扱いはどうなっているのか? 2023年10月にインボイス制度が導入されると、免税事業者にどう影響してくるのか? 課税事業者への変更を検討した方が良いのか、お悩みの免税事業者もいることでしょう。 今回は、消費税の仕組みや免税事業者の要件といった基礎知識から、インボイス制度の導入に向けて課税事業者になった方がよいのかという点まで、幅広く解説します。

    インボイス制度
  • インボイス制度の経過措置とは?猶予期間と仕入税額控除について解説

    2023年10月から、インボイス制度が始まります。インボイス制度の導入後は、仕入税額控除の扱いが従来とは変わるため、注意が必要です。ただし、インボイス制度には経過措置が用意されており、仕入税額控除の計算方法もひとつではありません。 そこで今回は、インボイス制度の概要や仕入税額控除の基本、経過措置期間中の仕入税額控除の計算方法などについて、詳しく解説します。

    インボイス制度
  • インボイス制度導入で利用できる補助金とは?申請方法を解説

    2023年10月1日から、いよいよインボイス制度が開始されます。これに伴い、企業は請求書や領収書の様式変更、処理方法の見直しが必須となります。会計・経理システムの改修や新規導入にかかるコスト増に頭を悩ませている方も少なくないのではないでしょうか。 そこで今回は、インボイス制度導入に際して利用できる補助金制度について解説します。補助金を活用して、インボイス制度導入の負担を軽減しましょう。

    インボイス制度
  • 適格請求書発行事業者とは?登録申請書の書き方や申請方法を解説

    2023年10月1日から導入されるインボイス制度では、仕入税額控除を受けるために、適格請求書発行事業者は登録番号記載の請求書を発行する必要があります。 この適格請求書発行事業者とは、どんな事業者を指すのでしょうか。また、適格請求書発行事業者として登録する場合、どのような申請手続きが必要なのでしょうか。 そこで今回は、適格請求書登録事業者として登録する場合の登録申請書の書き方や申請方法、期限などを解説します。

    インボイス制度
  • インボイス制度で領収書はどう変わる?制度に伴う変化や注意点を解説

    インボイス制度が始まる2023年10月1日に向けて、企業ではさまざまな対応が必要になります。一方、正直なところ何が変わるのかわからないという方や、どんな影響があるのか見当がつかないという方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、インボイス制度で変わる領収書の役割、発行側・受取側の注意点などを解説します。

    インボイス制度
  • インボイス制度で生じる仕入税額控除の変化。もし免税事業者のまま適格請求書発行事業者に登録しないとどうなる?

    2023年10月から始まるインボイス制度。従来、「自身が課税事業者で取引先が免税事業者」「自身が免税事業者で取引先が課税事業者」でも変わらなかった仕入税額控除に変化が生じます。ここではインボイス制度に大きくかかわる適格請求書発行事業者について、さまざまな点から見ていきましょう。

    インボイス制度
  • インボイス制度が消費税業務に与える影響や企業対応を紹介

    インボイス制度の適格請求書等とは、取引や売買で発生する消費税について今までの区分記載請求書よりも厳格に記載された請求書です。売手側は消費税額をより細かく記載しなくてはなりません。また、買手側の仕入税額控除にも関わってくる制度で、単に税額の計算方法を見直すだけでなく、受け取った請求書を保存することも仕入税額控除を受けるために必要な要件となります。消費税の経理業務にどのような影響が生じるのでしょうか。さらに、仕入税額控除の計算方法や、免税事業者から仕入れを行った場合の経過措置などについて紹介します。

    インボイス制度
  • インボイス制度開始まであとわずか!内容と対応をわかりやすく図解で解説

    2023年10月から開始されるインボイス制度。事前の申請期間を踏まえると、時間的余裕はそうありません。しかし、日々の業務に追われて対応はおろか制度もあまり理解していない担当者もいることでしょう。本記事では、図解を用いてインボイス制度の仕組みやスケジュールについてわかりやすく解説します。制度を理解し、残された時間で効率よく準備をしていきましょう。

    インボイス制度
  • インボイス制度に抜け道はある?回避策や罰則について解説

    さまざまな物議をかもしているインボイス制度ですが、いよいよ2023年10月の導入が間近に迫ってきました。好む・好まないに関わらず、インボイス制度による変更については全事業者が理解しておかなければなりません。今回はインボイス制度の対応について、いわゆる抜け道となる方法があるのか、自社の対応を考えるうえで参考となる情報を解説していきます。

    インボイス制度
  • 簡易課税制度とは?インボイス制度の影響や要件をわかりやすく解説

    簡易課税制度とは、中小事業者の消費税の納税に関わる事務負担軽減を目的として設けられている制度です。一方で消費税の仕入税額控除については、2023年10月から導入されるインボイス制度によって扱いが大きく変更される点が注目されています。今回は簡易課税制度の基本的な情報を確認しながら、一般課税との違いやインボイス制度開始による影響について解説していきます。

    インボイス制度
  • インボイス制度開始に備え、適格請求書発行事業者になるための登録申請書の申請方法を解説

    2023年10月1日に開始されるインボイス制度。すでに免税事業者から適格請求書発行事業者(課税事業者)に移行した事業者もあるかもしれません。制度の開始は2023年10月1日ですが、その時点で適正に対応するには、同年3月31日までに申請を行う必要があります。ただ、具体的にどのような方法で申請をすればよいかわからない方も多いのではないでしょうか。インボイス制度開始に備え、適格請求書発行事業者になるための登録申請書の申請方法について解説します。

    インボイス制度
  • インボイス制度はいつから何をすべき?準備の流れを紹介します

    インボイス制度は正式には「適格請求書等保存方式」といい、インボイス制度に対応した適格請求書はこれまでよりも記載すべき項目が増えます。そのため、インボイス制度への対応について「導入時期がきたら請求書の項目を増やすだけでいい」と考えている経理担当者もいるかもしれません。しかし、インボイス制度は企業の業務フローや今後の収益にも関わる可能性がある制度です。インボイス制度の事業への影響と準備すべきことを紹介します。

    インボイス制度
  • インボイス制度はなんのため?目的やシステム導入のメリット

    2023年10月から導入されるインボイス制度(適格請求書保存方式)。インボイス制度に対応した請求書を作成・管理できるシステムの導入を検討している企業も少なくないでしょう。しかし、システム導入は必須であるのか、もしくは多くのシステムのなかからどのようなシステムを選ぶべきか悩む担当者も多いと推測します。本記事では、インボイス制度の目的から準備、システム導入のメリットまで広く紹介します。

    インボイス制度
  • インボイス制度への対応方法は「2つの課題に注目」、税理士・金井恵美子氏に聞くインボイス制度

    適格請求書等保存方式(インボイス制度)開始まで1年あまり。何を準備し、どう進めるべきか、インボイス制度に詳しい金井恵美子税理士による、制度の概要と対応方法の解説をお届けする。

    インボイス制度
  • ビジネスパーソン5566人に聞いた!インボイス制度の対応調査 - 各社の準備状況から見えた、経理・財務部門のトレンドとは?

    「適格請求書等保存方式」、通称インボイス制度がスタートする2023年10月1日まで1年を切った。発行・受取ともに請求書業務への大きな影響が予想される新制度を、経理・財務部門の関係者はどのように捉えているのだろうか。クラウド請求システム『BtoBプラットフォーム 請求書』のユーザーを対象にアンケート調査を実施したところ、5500人以上から回答が寄せられ、その関心の高さが伺える結果となった。

    インボイス制度
  • インボイス制度の飲食店への影響は?対応方法と抑えるポイント

    飲食店では、日々多くのレシートや領収書を発行します。そのなかでインボイス制度が始まると飲食店はどう変わっていくのか、ご存じでしょうか。 インボイス制度でどう変わるのか、事業主のパターンごとにみていきます。次いで「もし今、自身が免税事業者であったら」「もし今、自身が課税事業者であったら」という2点についても解説しましょう。

    インボイス制度
  • インボイス制度による建設業への影響は?一人親方や大工が注意すべき点

    2023年10月からインボイス制度が始まります。このインボイス制度は建設業にどのような影響を与えるのか、ご存じでしょうか。建設業における一人親方の場合、今後「適格請求書発行事業者」になる必要が生じるかもしれないのです。 この記事では建設業とインボイス制度について、個人事業主における事業者の種類や請求書の方式、適格請求書発行事業者になる方法やならなかった場合の可能性を解説します。

    インボイス制度
  • インボイス制度とは?適格請求書等保存方式の導入による経理業務への影響と対応方法

    2023年10月1日より導入されるインボイス制度では、請求書の保存方法が、現在の「区分記載請求書等保存方式」から「適格請求書等保存方式」に変わります。これは経理業務にどういった影響をもたらすのでしょう。 今回は、インボイス制度の内容を確認したうえで、免税事業者や軽減税率などに経理担当者としてどういった対応が必要なのかについてお伝えします。

    インボイス制度
  • インボイス制度によるフリーランスへの影響は?個人事業主が取るべき対策

    これまでフリーランスは、年間の課税売上高が1,000万円以下であれば、消費税を国に納める必要はありませんでした。 しかし2023年10月に導入されるインボイス制度により、その状況が大きく変わってしまうかもしれないのです。また課税事業者も今後、フリーランスとの取引が大きく変わる可能性はあります。インボイス制度の導入は、フリーランスと課税事業者、双方にどういった影響をもたらすのかについてお伝えしましょう。

    インボイス制度
  • 2023年10月インボイス制度導入、免税事業者と課税事業者それぞれの対応は?

    現在、消費税の納税を免除されている免税事業者。しかし2023年10月より導入されるインボイス制度により、そのまま免税事業者でいるか、課税事業者になるか、大きな選択を迫られるようになります。課税事業者も免税事業者に対して今までどおりの取引はできなくなるため、どう対応するかを明確にしておかないといけません。 今回は、インボイス制度導入により、免税事業者と課税事業者それぞれの立場からどういった対応が必要になるかについて、お伝えします。

    インボイス制度

電帳法・インボイス制度の対応も
業務効率化もこれ一つで!

詳しくわかる資料をプレゼント
  • 01.本サービスの概要、特徴
  • 02.導入により改善・削減できる内容の事例
  • 03.本サービスの料金体系
  • 04.他社サービスとの機能比較一覧